ドコモが2020年春夏新商品13機種を発表、うち5G対応は8機種

3月18日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、新商品ラインアップとして、第5世代移動通信方式(5G)に対応したドコモ スマートフォン6機種とデータ通信製品(Wi-Fiルーター)1機種、4G(LTE)に対応したドコモ スマートフォン4機種とドコモ タブレット1機種、加えて「Galaxy S20+ 5G」の東京2020オリンピックモデル1機種の全13機種を開発し、2020年3月25日(水曜)から順次発売することを発表している。

ドコモ2020年春夏新商品ラインアップ

Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition SC-52A

■新商品ラインアップの主な特長
・ドコモ初の5G対応スマートフォンと、データ通信製品(Wi-Fiルーター)を提供。
・機能と価格のバランスがとれ、幅広いニーズに応える4G(LTE)対応スタンダードモデルと、タブレットを提供。

■新商品の発売時期
ドコモ2020年春夏新商品の発売時期

個人的に気になったのはGalaxy S20 5G SC-51A。
6.2インチの有機ELディスプレイに本体の横幅が69mmと持ちやすくなっているのはよい。
光学3倍ズーム、約6400万画素の望遠カメラで、ズームしても高画質で撮影可能なのも魅力。

また、4Gタブレットのdtab d-41Aが今夏に発売されるのも気になるところ。
これまではファーウェイ製だったが、今回はシャープ製となる。
防水仕様の10.1インチのタブレットで、バッテリー容量は6500mAh。
電池への負担を減らす充電技術「インテリジェントチャージ」により、長期間使用しても電池の劣化が少ないとされているのは魅力。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/03/18_01.html

ドコモ、5Gを用いた通信サービスを3月25日から提供開始

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、第5世代移動通信方式(5G)を用いた通信サービスを2020年3月25日(水曜)から提供開始することを発表している。

5G NTTdocomo

■「5G」の通信速度
提供開始時点で受信時最大3.4Gbps、送信時最大182Mbps。
2020年6月以降は受信時最大4.1Gbps、送信時最大480Mbps。

■「5G」の対応エリア
2020年3月末時点で全国150か所、2020年6月末には全都道府県へ展開する。

■「5G」に対応した料金プラン
「5Gギガホ」「5Gギガライト」を5Gスマートフォンユーザーに対して提供する。

5Gギガホ
「5Gギガホ」は、利用可能データ量100GBのプランで、超過後も送受信最大3Mbpsの速度で利用可能。
新たに契約してから最大6か月間、月額料金を1,000円割引く「5Gギガホ割」を提供する。
併せて「みんなドコモ割(3回線以上)」「ドコモ光セット割」「dカードお支払い割」を適用すると、最大6か月間、月額4,480円から利用することが可能。
当面の間、「5Gギガホ」を契約したユーザーは、「データ量無制限キャンペーン」により、国内利用であれば動画などのリッチなコンテンツを、データ量上限を気にすることなく、楽しめる。

⚫支払い料金イメージ
5Gギガホ支払い料金イメージ

さらに、「5Gギガホ」を契約のユーザーが「かけ放題オプション」もしくは「5分通話無料オプション」を申込みした場合、最大1年間月額700円を割引く「5Gギガホ音声割」も提供する。

5Gギガライト
「5Gギガライト」は、利用データ量(1~7GB)に応じた料金が段階的に適用となり、「みんなドコモ割(3回線以上)」「dカードお支払い割」の適用で、月間利用データ量が1GB以下の場合、月額1,980円から利用できる。

「5Gギガホ」「5Gギガライト」のほか、ひとりで2台の機種を利用する場合に、ペア設定した「ドコモのギガプラン」のデータ量をシェアできる「5Gデータプラス」を月額1,000円で提供する。

「5Gギガホ」「5Gギガライト」「5Gデータプラス」には、インターネット接続サービス「spモード」の契約が含まれる。

■「5G」対応機種
Galaxy S20 5G SC-51A、AQUOS R5G SH-51A、LG V60 ThinQ 5G L-51A、Xperia 1 II SO-51A、Galaxy S20+ 5G SC-52A、arrows 5G F-51A、Wi-Fi STATION SH-52A、Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition SC-52A

ドコモ、dポイントクラブ会員向けに無料Wi-Fiサービス「d-Wi-Fi」を3月25日から提供

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、dポイントクラブ会員向けに、無料で全国のWi-Fiスポットを利用できる公衆Wi-Fiサービス「d Wi-Fi」を2020年3月25日(水曜)から提供開始することを発表している。

d Wi-Fi

dポイントクラブ会員は、d Wi-Fiを申し込みしたその日から、全国のカフェ、コンビニ、ファストフード、空港、駅などさまざまな場所で、スマートフォンやタブレット、パソコンなどから、無料でドコモのWi-Fiスポットを利用できる。

会員であれば、訪日外国人や、ドコモ回線の契約がなくても、d Wi-Fiを利用できる。
利用には、「dアカウント発行」および「dポイントカード利用登録」が必要。

法人名義でドコモ回線を契約のドコモビジネスプレミアクラブ会員は対象外となる(法人ユーザー向けに提供するWi-Fiサービスについては現在検討を進めており、詳細が決まり次第、別途アナウンスされる)。

また、カフェなどのWi-Fiニーズが高い場所を中心にWi-Fiスポットを整備することで、会員のさらなる満足度や利便性向上を図り、将来的には、d Wi-Fiを利用できるお店に来店した際に、クーポンを配信するなど、会員により「おトク・便利」になるよう検討していくという。

d Wi-Fiを開始するにあたり、d Wi-Fiを申し込みしたうえで、キャンペーンにエントリーすると抽選で合計2,020名様にdポイント(期間・用途限定)最大10万ポイントが当たる「d Wi-Fiスタート!わいわいWi-Fiキャンペーン」を、2020年4月1日(水曜)より実施する。

なお、2012年3月より提供してきた公衆Wi-Fiサービス「docomo Wi-Fi」は、2021年度中のサービス終了を予定しており、サービス終了日などの詳細については、別途アナウンスされる。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/03/18_09.html

Tリーグとドコモ、卓球の魅力を新たな視点から発信する「トップパートナー契約」を締結

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、TリーグとNTTドコモは、スポーツ観戦における新たな体験価値の創造と、スポーツ業界のエコシステム構築などを通じたファン拡大を目的に、2020年4月1日(水曜)を契約開始日とする「トップパートナー契約」を締結した。
併せて、NTTぷららは、ノジマTリーグ2019-2020シーズンに引き続き、Tリーグと映像配信に係る契約を締結した。

契約期間は、どちらも2020-2021シーズンから、2023-2024シーズンまでの4シーズンとなる。

Tリーグは2018年に発足した卓球の国内リーグで、男女計8チームに世界トップクラスの選手が所属している。

ドコモとNTTぷららは、卓球「Tリーグ」の開幕当初から、映像配信サービス「dTVチャンネル」および「ひかりTV」で、公式戦全試合の映像や、AI技術を活用したダイジェスト映像などを配信し、「Tリーグ」の魅力を伝えてきた。

Tリーグとドコモ、トップパートナー契約

今後はTリーグとの「トップパートナー契約」および映像配信の契約に基づき、「Tリーグ」の各種プロモーション活動への協賛に加え、第5世代移動通信方式(5G)、マルチアングル、360度カメラ、XR、AIハイライト、自動スタッツ生成などの先端技術を活用した公式映像の高度化と観戦体験の最大化、Tリーグの会員IDとドコモの「dアカウント」との連携によるデジタルマーケティングの推進、公式デジタルサービスの企画・開発などに、Tリーグと共同で取り組む。

これらにより、卓球の魅力を新たな視点から、より多くの人々に発信していくという。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/03/18_03.html

セブン&アイ・ドコモ・フードダイバーシティ、東京都内のイトーヨーカドー6店舗で「食品判定システム」の実証実験を実施

3月16日付けのセブン&アイ・ホールディングス公式サイトのニュースリリースによると、セブン&アイ・ホールディングス、NTTドコモ、フードダイバーシティは、東京都内のイトーヨーカドー6店舗でムスリム(イスラム教徒)やヴィーガン(完全菜食主義者)の人向けの「食品判定システム」の実証実験を2020年3月16日(月曜)〜2020年5月31日(日曜)まで実施することを発表している。

来店者が専用のアプリを使って、店舗内の商品棚をスマートフォンで撮影すると、ムスリムやヴィーガンの方が食べてもいいものかどうかについて、アプリが判断材料となる情報を提供する。

例えば、ムスリムフレンドリーかつヴィーガンフレンドリーなアイテムには水色の枠が表示されたり、ムスリムとヴィーガンの方が口にできないと思われるアイテムには黒または灰色の枠が表示されたりする。

判定対象となる商品は、セブン&アイグループのプライベートブランド『セブンプレミアム』の食品約2,900アイテムとなる。

セブンプレミアムの食品

■実施場所
大森店、大井町店、アリオ北砂店、曳舟店、食品館三ノ輪店、食品館新宿富久店

■アプリの利用環境
端末:スマートフォン、タブレットなど
※ Android OS 4.0以上、iOS 8.0以上

■アプリの利用料金
記事検索
スポンサーリンク





ランキング

運営者情報
ハンドルネーム:ラテ
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県

所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)
月別アーカイブ
Copyright © 2011-2020 Mobamemo All Rights Reserved.